Google Classroomについて

【Google Classroom の操作方法(ログイン方法)】

本校では、教員と生徒間の双方向連絡手段として、試行的に「Google Classroom」を導入します。

「Google Classroom」とは、グーグル社の提供している教育現場での教員と生徒間のやり取りが簡単にでき、質問等のやり取りやデータの受け渡しなどを共有するサービスです。

登校日に配布したGoogleアカウントの通知を手元に用意して、「Google Classroom」を使用してください。なお、クラスコードはメールにて通知します。

「Google Classroom」の操作方法(ログイン方法)については以下のPDFを参照してください。

生徒用マニュアル.pdf

 

【Google Classroom ログイン後の使い方】

①『ストリーム』、『授業』、『メンバー』のボタンがある。

②『授業』の中の「提出された課題」と「限定公開コメント」は、他の生徒は見ることができない(ただし、担当になっている先生は全員閲覧できる)。課題や学習に関する質問等は、課題提出ページの下部にある「限定公開コメントを追加する」を利用する。

③『ストリーム』でコメントした場合、そのクラスを登録している教員(主に科目担当者)とクラスの生徒全体で共有される。お互いにコメントのやりとりができる。

④通知を変更したい場合は画面の左上、三本線のところをタップ。下の方にある「設定」をタップ。さらに「通知」をタップ。そこの「メール通知」「クラス通知」「デバイスの通知」をタップすれば、通知を切ることができる。

 

◆使い方で分からないことがあれば、先ずは三本線のところをタップ。下の方にある「ヘルプ」をタップ。その中で該当項目を確認する。

◆コメントをする時は節度を持って。ネット上であっても言葉遣いやマナーには気をつけること。コメントをする先の相手への思いやり。

◆質問や相談したいことがあれば、コメント欄に書く。電話等が必要な場合は、学校に電話する。

◆ホームページも1日1回は確認しておくこと。トップページと各学年のページは必ず。