男子ソフトテニス部紹介

 

男子ソフトテニス部(2019年度)



1.    
部員数39名(1年生11名,2年生11名,3年生16名、マネージャー1名)

2.    活動場所:本校クレーコート

3.    活動日月・水・木・金・土・日

   土・日は3時間練習(いずれか1日はオフ),火はオフ,金は基礎練習

   ■積極的に他校との練習試合を行っています。

   ■公式戦以外に川口市ソフトテニス連盟主催の大会(年7回ほど)に参加しています。

4.  平成30年度の主な戦績

○公式戦(高体連主催大会)

■県南選手権大会(個人) 並木・川上ペア5回戦進出

関東大会南部地区予選(個人)

 並木・川上ペア、石亀・若生ペア4回戦進出 →県大会出場

関東大会南部地区予選(個人)

 並木・川上ペア、石亀・若生ペア 2回戦進出
関東大会県予選(団体) 2回戦進出

 1回戦○2-1朝霞、2回戦●0-3坂戸西

学総兼高校総体県予選(個人) 石亀・若生ペア2回戦進出

 

■県選手権南部地区予選(個人)

  石亀・若生ペア Jブロック第1位 県大会出場
      ブロック3回戦進出(3ペア)

■南部支部選手権大会(個人)

 Ⅰ部出場(4ペア) →石亀・若生 地区ベスト16

 Ⅱ部4回戦進出(中村・地本ペア、瀬田・中村ペア、町田・稲垣ペア)

■南部支部選手権大会(団体)  Aチーム3回戦進出(ベスト16

  1回戦○3-0大宮北E、2回戦○3-0浦和実業A3回戦●1-2大宮開成A

■新人大会南部地区予選(個人)

  石亀・若生ペア7回戦進出(地区第3位)→県大会出場

■新人大会南部地区予選(団体)→県大会出場

  (石亀・若生・工藤・照井・久保田・地本・中村・五十嵐)

   2回戦○2-1大宮、3回戦●0-2浦和南

   敗者復活戦1次 ●1-2

     敗者復活戦1次 ○2-1伊奈学園

新人大会県予選(個人)

   石亀・若生ペア3回戦進出

新人大会県予選(団体)

   (石亀・若生・工藤・照井・久保田・地本・中村・石川)
         1回戦●0-3草加南

南部支部リーグ大会(団体) Aaブロック

   (石亀・若生・工藤・(照井)・久保田・地本・石川・五十嵐)
            <予選リーグ> リーグ3位、地区5・6位相当
              0-3上尾、●0-3浦和、○2-1

○川口市内大会

 

  ■春季クラブ対抗戦(団体) 予選リーグ第2位(Aチーム)

  ■会長杯争奪大会(個人)  準優勝(並木・川上)、第3位(石亀・若生)

  ■市民体育祭大会(個人)  決勝トーナメント進出

  ■秋季クラブ対抗戦(団体) 23位(Aチーム)

5.  部訓

■自ら考え,すすんで行動し,互いに力を高めあう。
■仲間に感謝し,仲間と協力し,互いに助けあう。
■常に攻めの姿勢を忘れず,見るものに元気と勇気を与える。
■最後まで諦めない気持ちを持ち続け,見るものに感動を与える


6. コメント

 顧問の指導の下,部員たちが中心になって話し合い,自ら課題を発見し,練習メニューを作成しています。昨年度は、関東大会(団体)で県ベスト32に入り、新人大会では、個人戦で地区ベスト81ペア進出し、県大会出場を果たしました。県大会では1試合ごとに勝ち上がることは大変ですが、今までの活動が成果として表れてきている部活動です。
 限られた練習条件の中で,いかにベストを尽くせるかをモットーに,部活動を通じて人間的に成長することが目標です。文武両道の実現を目指して頑張ります。

                     

   

 

男子ソフトテニス部NEWS

新着情報

受検生のみなさんへ

 受検生の皆さん、そして普段ソフトテニスをこよなく愛する皆さん、こんにちは。

男子ソフトテニス部です。

 今回は、受検勉強に日々励んでいる皆さんに、先輩部員よりエールを送ります。

 

   動画はこちら → 2021_01_25 20_28.MOV

 

 いかがでしたか。

今ご覧いただいたあなたと、新学期にコートでお会いできることを部員一同、心より願っております。

 

 

今年度の大会を振り返って(3)

 振り返り第3弾は団体戦です。

 団体戦では、出場選手のみの参加で個人戦同様で無観客、部員たちによる応援はなしでの開催となりました。

 出場したのは、2年生3名、1年生5名の計8名の団体メンバーと補助員2名の計10名。

 6校に与えられる県大会出場枠を獲得すべく、果敢に挑みました。

 

 9月16日 新人大会南部支部予選会(団体戦)

  2回戦 ○3-0 大宮工

  3回戦 ●0-2 浦和

  敗者復活戦1次 ●1-2 蕨

  

  今大会では、団体戦での県大会出場をあと一歩で逃す結果でした。

  この悔しさをバネに、部員たちは秋以降の部活動に励んでいきました。

今年度の大会を振り返って(2)

 

 男子ソフトテニス部です。

 今年度の大会を振り返る第2弾は新人大会です。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客・試合以外はマスク着用・握手やハイタッチをしない・消毒など今までにない対応での開催となりました。

 9月15日 新人大会南部支部予選(個人戦)

 この大会には、1・2年合わせて28名(14ペア)が参加しました。

 その内、1年生1ペアが南部地区ベスト8入りを果たし、県大会出場を決めました。

詳しい戦績は、埼玉県高体連ソフトテニス専門部のHPでご確認ください。

今年度の大会を振り返って(1)

 

 

 男子ソフトテニス部です。

 今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大のため、思うような活動がなかなかできない状況でした。

 その中で、感染防止対策に努めつつ、参加した大会を振り返ります。

 

  8月5日 学校総合体育大会(代替大会)個人戦

 現役続行を決断した3年生6名(3ペア)が、自らの部活の集大成として試合に臨みました。

 無観客試合ではありましたが、一球一球、魂のこもったプレーには感極まる思いでした。

 

  詳しい戦績は、埼玉県高体連ソフトテニス専門部のHPをご覧ください。

男子ソフトテニス部 新人大会地区予選結果報告


  9月19日(火)・20日(水)に大宮第二公園で新人大会南部地区予選が行われました。
 
 個人戦では、並木・川上ペアがベスト8入りを果たし、県大会出場を決めました!
 公式戦で緊張も見られましたが、日々の練習の成果を見ることができる良い試合でした。

 また、県大会へ進むことのできるペアは1ペアでしたが、各ペアともそれぞれ自分たちの課題を見つけることのできたいい機会となりました。


 
 応援ありがとうございました!

 なお、9月24日(日)には川口市市民選手権、11月11日(土)には新人大会県大会(個人)が行われます。川口北高校男子ソフトテニス部を今後ともよろしくお願いいたします。