基本方針

 

 知性と教養を身に付けるとともに、高い志と品格を備え、互いに高め合い敬い協力し合う、

日本及び国際社会の進展に貢献する生徒の育成(目指す学校像)

 

■指導理念

 □ 教養主義(全ての科目を深く学び、大学受験の先の将来にも生きる教養を身に付ける)

 □ 文武両道(学問と部活動・学校行事等の取組の相乗効果で両面が高まる)

 

■学習・進路指導方針

□「川口北高校で過ごす3年間すべてが進路指導」であるという認識を全職員で持つ

□ 学習者として自律させる

□ 新たな時代に必要となる資質(思考力・判断力・表現力)の向上を目指す

 

■具体的方策

 □ 日々の授業を軸に、国公立大学等に合格できる学力の育成

    □   3年間の進路指導計画を見据えた段階的な進路指導

   教員目線合わせシートの活用

 □ キャリアブックを活用したポートフォリオや活動報告書作成の支援

 □ 自律的学習を促す指導

   自学自習オリエンテーション(各学年)・学習状況調査・考査や模試の振り返り

 □ 模試の分析・研究による学年・教科・職員全体での情報共有

 □ 補講や各種セミナーの充実

   難関大補講(セミナー)・県立大学セミナー・記述対策補講など

  □ 高い志の育成と個に応じた指導

   受験校検討会(年4回)・二者面談(4・9・1月)・三者面談(6・12月)
  □ 保護者とともに新入試を学んでいく体制づくり

   保護者会・進路通信や各種進路行事のHP公開など

 身につけたい10の力(KK10)