男子バドミントン部NEWS

2024年5月の記事一覧

令和6年度全国総体埼玉県南部支部予選会結果報告

5月10日(金)、13日(月)、14日(火)にサイデン化学アリーナさいたまでインハイ予選地区大会が開催され、197組がエントリーしたダブルスに7組、247名がエントリーしたシングルスに7名が出場しました。

 

主な成績は下記の通りです。(【  】内は出身中学と学年)

ダブルス:ベスト32 佐藤煌己【さいたま・与野東③】・島﨑隆晴【さいたま・三室③】、大亦和樹【川口・戸塚西③】・木原進碩【さいたま・尾間木③】、白知效【川口・八幡木③】・鈴木心大【さいたま・三室②】

→3組が敗者復活戦に回りましたが、実力及ばず上位18組に認められる県大会出場は果たせませんでした。

シングルス:ベスト32 島﨑隆晴【さいたま・三室③】、佐藤煌己【さいたま・与野東③】、大亦和樹【川口・戸塚西③】

→3名が敗者復活戦に回り、その中で島﨑が熱戦を制して勝ち上がり、上位18名に認められる県大会出場を決めました。

 

3年生は県大会出場者を除いて今大会終了をもって引退し、前期中間考査後から代替わりとなります。

試合に出場した3年生はすべてがうまくいったわけではありませんが、全力を尽くして戦い切ることができました。

引退後も部活動を最後までやり抜いたことを自信にして受験勉強に励み、この約2年間で学んだ様々なことをこれからの人生に活かして頑張ってほしいと思います。

一方、2年生は強豪相手に立ち向かえず、試合に臨む姿勢が問われる残念な結果となりました。

ただ、2年生と1年生はこれからです。

今回の経験から今後の練習の質を高めてより一層成長し、8・9月の新人戦地区大会で気迫あふれるプレーで戦えるようになることを期待しています。

令和6年度関東高等学校バドミントン大会埼玉県予選会結果報告

4月27日(土)に上尾運動公園体育館で関東予選県大会が開催され、2複1単形式の学校対抗戦に出場しました。

今回の団体メンバーは、木原進碩【さいたま・尾間木③】、佐藤煌己【さいたま・与野東③】、大亦和樹【川口・戸塚西③】、島﨑隆晴【さいたま・三室③】、平尾幹太【さいたま・白幡③】、白知效【川口・八幡木③】、鈴木心大【さいたま・三室②】の7名で、部を代表して戦いました。(【  】内は出身中学と学年)

結果は下記のとおりです。

  2回戦 対 草加西(東部地区2位) 1-2

  第一ダブルス 佐藤・白 0-2

  シングルス  島﨑 2-0

  第二ダブルス 大亦・鈴木 1-2

第一ダブルスは思うようなプレーができず、先勝を許す悔やまれる結果となりました。

シングルスは安定した戦いぶりで、勝負を五分に戻しました。

第二ダブルスは練習してきた低く速い展開のドライブ戦でファイナルゲーム中盤まで競り合いました。終盤は押し込まれ、球が浮いてしまったところを叩かれたり、サーブ周りの質で上回られ、エラーが増えてしまいましたが、持てる力を出し切って粘り強く戦うことができ、よい試合となりました。

3年生は団体戦が終わり、引退まであと少しとなりますが、最後の最後まで伸びるように、1・2年生は1年後に3年連続で跳ね返された県大会初戦の壁を打ち破り、上位に食い込めるように、これからまた練習していきます。