男子バドミントン部NEWS

2023年5月の記事一覧

令和5年度全国総体埼玉県南部支部予選会結果報告

5月9日(火)、10日(水)、15日(月)にサイデン化学アリーナさいたまと上尾運動公園体育館でインハイ予選地区大会が開催され、200組がエントリーしたダブルスに5組、257名がエントリーしたシングルスに7名が出場しました。

 

最高成績は下記の通りです。(【  】内は出身中学と学年)

ダブルス:ベスト32 佐藤煌己【さいたま・与野東②】・島﨑隆晴【さいたま・三室②】

敗者復活戦に回りましたが、実力及ばず上位17組に認められる県大会出場は果たせませんでした。

シングルス:ベスト32 向後遥希【川口・八幡木③】、島﨑隆晴【さいたま・三室②】

敗者戦には回りましたが、上位16名に認められる県大会出場は果たせませんでした。

 

3年生は今大会終了をもって引退し、前期中間考査後から代替わりとなります。

試合に出場した3年生9名はそれぞれがもう1つ勝ち上がりたかったところではありますが、全力を尽くして戦い切ることができました。

引退後も最後まで努力し続けたことを自信にして受験勉強に励み、部活動で学んだ様々なことを今後の人生の糧にして頑張ってほしいと思います。

 

一方、2年生は強豪相手にもゲームの途中まではある程度渡り合う内容の試合ができましたが、終盤に自らギアを上げて点を取りに行くことができず、受け身のプレーで競り負けてしまう残念な結果となりました。

ただ、2年生はこれからです。

今回の1点の重みを感じた経験を今後の練習に活かしてより一層成長し、8・9月の新人戦地区大会で今回逃した県大会出場を1人でも多く叶えてくれることを期待しています。