書道部NEWS

2022年5月の記事一覧

学校案内の題字

 毎年作る学校案内の表紙の題字は、例年、書道部が担当しています。今年の題字は「今の自分を超えていく」です。表紙の下の部分の「令和5年度学校案内 埼玉県立川口北高等学校」も同じく書道部が担当しました。書いた生徒は、いくつかの書体を半紙に書き、学校案内の担当教員に見せ、力のこもった感じの書体が選ばれました。

 題字を書いた生徒に、半紙に書いた文字と出来上がった学校案内を持ってもらった写真を以下に載せます。

 

 

 

硬筆展覧会

 令和4年(第60回)硬筆展覧会に向けての練習が始まりました。1枚を練習するのに1時間近くかかります。1年生も2年生も3年生も真剣に練習してます。以下にその練習の様子の写真を載せます。

 

 

3年生、襖絵と襖の文字をイメージして作品を制作

 今回、3年生は、展覧会に出す作品ではなく、古い日本家屋に見られる襖絵と襖の文字をイメージして作品を作ってみました。絵と文字のいい組み合わせの作品に仕上がりました。絵は鳳凰です。今の生徒たちはどのような書体にするかを決めるのにスマートフォンで検索していろいろな書体を吟味します。傍から見るとスマホをいじっているだけに見える行動が、実は一生懸命いろいろな書体を見ているのです。若い世代にとって、デジタル化の波は伝統的な書道の世界にも入ってきています。

 以下に作品と制作の様子の写真を載せます。