川北NEWS

教職員対象 救急法講習会を実施しました。

6月20日に、教職員を対象とした救急法講習会を実施しました。


講師は、埼玉協同病院の医師2名、看護師3名の方に来ていただきました。
研修には56名の教職員が参加し、心肺蘇生法、AEDの使い方、エピペンの使用などについて学びました。
これから危険性が高まる熱中症予防についても、お話を伺いました。
 

研修で使用した緊急時のフローチャートは、保健室にも掲示して
日ごろから確認できるようにしています。

事故の予防も大切ですが、いざというときに勇気を持って決断し、自ら動くことも大切です。

埼玉協同病院のスタッフの皆様、ありがとうございました。