川北NEWS

第5回リベラルゼミを開催

 11月11日(土)、第5回リベラルゼミを開催しました。
 今回は理化学研究所仁科加速器センター研究員の鈴木大介氏をお招きして、「物理と想像力~ものを見るということ~」という演題で講義をしていただきました。
 普通の高校生がどのように物理の研究者となったのか、という研究者としての原点のお話から始まり、大学で学んだこと、フランス・オルセイでの研究のお話などをしていただきました。
 物理とは「ものを見る」学問であり、ものは「手」で見る、一つの物体も多様な姿でとらえることができるというお話を伺い、参加した生徒たちは真剣に耳を傾けていました。