図書館ブログ

図書館ブログ

図書館報『一本道』第45号発行

図書委員会活動の集大成、図書館報を今年度も発行しました。

文化祭の中止により、委員会の大きな行事が図書館報制作のみに……。

その分、今年度の図書館報は、例年以上に充実した内容となりました。

図書委員が新しくイチから考えた企画も盛りだくさんです!

多くの生徒や先生にもアンケートとインタビューを通して協力してもらいました。

 

図書館報は、添付ファイルから読むことができます。ぜひご覧ください。

図書館報『一本道』第45号

図書館報『一本道』第45号.pdf

東日本大震災 関連図書展示

あの日から10年。

東日本大震災、防災、地震に関する本を2階東側渡り廊下で展示しています。

生徒が作成したポップも一緒に展示しています。

当時幼く、現在高校生になった彼らは震災関連図書を読み、何を思ったのでしょうか。

 

川口市の防災本も配布しています。ご自由にお持ちください。

東日本大震災展示①東日本大震災展示②

Library News(としょかん通信)12月号&11月特別号(1学年図書委員作成)を公開しました

ホームページ上のとしょかん通信のページに、Library News(としょかん通信と新着図書案内)12月号と1学年図書委員が作成した特別号を公開しました。

特別号では、10月に行われた1学年のビブリオバトルの各クラスチャンプ本を紹介しています。

図書委員がチャンプ本発表者に行ったインタビューも掲載しています。

チャンプ本は現在、1学年の昇降口に展示しています。

クラスメイトと担任の先生からのコメント、発表者が作成した本のポップも一緒に展示しています。

ポップはどれも力作揃いです。

1学年ビブリオバトル展示

 

イベント:本のしりとり、新語・流行語大賞予想

11月2日~11月30日の1か月間、図書館では本のしりとりを開催しました。

ルールは、本のタイトルでしりとりをしていく、というシンプルなものです。

「しりとり」の「り」から始まり、最終日には「ん」で終了しました。

多くの生徒、先生方が参加してくれました。

図書館の中を散策しながら、しりとりの続きを考えている生徒もいました。

小説だけでなく、絵本、新書、まんが、古典文学など様々な本のタイトルが続きました。

しりとりの本をきっかけに、ぜひ読書の幅を広げてほしいです。

本のしりとり

また、同時期に新語・流行語大賞の予想もしてもらっていました。

今年の大賞語は「3密」でしたが、

事前の生徒予想では、「愛の不時着愛の不時着/第4次韓流ブーム」が一番多く得票数を集めました。

新語・流行語大賞予想

雑誌付録じゃんけん大会

11月11日(水)の昼休みに図書館で雑誌の付録配布を行いました。

司会進行は水曜日担当の図書委員さん。

希望者複数名の付録はじゃんけんで獲得者を決めました!

クラス、学年も様々な参加者でしたが、

和気あいあいとした雰囲気で楽しんでいました。

雑誌付録じゃんけん大会

ハロウィンパーティー in 図書館

10月5日(月)~10月30日(金)の1ヶ月間、図書館では、ハロウィンイベントを行いました。図書委員が展示などの準備をしてくれました。

新型コロナウイルス感染症の影響により、今年は各地のハロウィンイベントが中止・縮小されました。そんな中、生徒に少しでも季節のイベントを楽しんでもらおうと、図書委員は9月からイベントの準備を行っていました。

イベントには多くの生徒や先生方が参加してくれました。イベント期間は、いつもより図書館が明るくにぎやかに感じられました。「図書館は気軽に行ける、身近な存在」と感じてもらえるきっかけになったと思います。今後も図書館では、図書委員を中心に季節に関連した展示やイベントを行っていく予定です。

ハロウィンイベントの様子

季節展示「読書の秋」、企画展示「先生のおすすめ本」開催中

残暑が続いておりますが、図書館では一足早く、秋の気配を感じてほしいということで、季節展示「読書の秋」を開催中です。

「スポーツの秋」「芸術の秋」「食欲の秋」……。すべて読書で体験できます!

外出するのが難しい今だからこそ、読書で知識や経験を深めるのはいかがでしょうか?

読書の秋

 

また、図書館では「先生のおすすめ本」も展示中です。

Library News 特別号で先生方に紹介していただいた本を展示しています。

人生で一度は読んでおきたい名作本ばかりです。秋の夜長のお供にぴったりです。

20年8月特別号表面.pdf

20年8月特別号裏面.pdf

先生のおすすめ本

 

七夕 in 図書館

6月末から7月9日まで図書館内に七夕の笹を飾りました。

今年も、たくさんの来館者が思い思いの短冊を書いて飾ってくれました。

紙に願いや目標を書くことによって、自分の中でより具体化できたのではないでしょうか?

図書館は、皆さんの願いが叶うことを願っています。

短冊を飾り付けた笹

川北図書館検索サイトOPEN‼

スマートフォンやおうちのパソコンからも、図書館の本を検索できるようになりました。

サイトURLはGoogle Classroomにてお知らせ致します。

検索サイトでは、本の予約もできます。

また、新型コロナウイルス感染症対策のため、貸出は6月末まで原則、予約した本のみと致します。オンライン上で予約ができない方は、直接図書館までお越しください。

おうちで読めるおすすめの本紹介 Part2

タイトルをクリックすると、青空文庫のページに移動します。

「青空 in Browsers」または「えあ草紙・青空図書館」を選択すると、縦書きで読むことができます。

 

『千年後の世界』 海野十三/著 

 作者は日本SF小説の始祖とも言われています。本作もSF短編小説。

 科学者フルハタは、冷凍保存により千年間眠り続け、紀元3600年に目覚める。千年後の世界では、人類は老いた体の部位を人工のものと取り換える技術を開発し、死を克服していた。街の様子は、科学雑誌に出ていた一千万年後の世界の絵とそっくりになっていた。夢のような世界になったと思っていたが……。

 星新一のショートショートを思わせるような作品。

☆こちらもおすすめ☆

 

『風立ちぬ』 堀辰雄/著

  宮崎駿監督の映画『風立ちぬ』のもとになった小説。著者自身の体験を基に書かれた切ない恋愛小説。

 ある夏の日、物書きの「私」は、絵を描いていた少女「節子」と出会う。やがて二人は婚約するが、節子は結核に侵されてしまう。節子の病が悪化し、高原の療養所に行くことになり、「私」も彼女について行く。二人は、季節の移ろいと共に、時間を重ねていく。二人の愛が美しい自然の中で、純粋で繊細に描かれる。

☆こちらもおすすめ☆