吹奏楽部紹介

埼玉県立川口北高等学校吹奏楽部

音楽監督にプロの指揮者・演奏者である金井先生をお迎えして、日々練習に励んでいます。コンクールや年に一回の定期演奏会をはじめ、病院やお祭りなど地域の方々との交流など様々な活動を行っています。

部員数

令和3年度 合計部員数 56

1年生 21 (男子 3: 女子18
2年生 13 (男子 3: 女子10)
3年生 22 (男子 0: 女子22)

活動内容

令和3年度 
4      入学式、対面式 

           35回定期演奏会 

 

6      南部支部吹奏楽研究発表会

 

7月      第62回埼玉県吹奏楽コンクール 地区大会 金賞

 

8月      第62回埼玉県吹奏楽コンクール 県大会 銅賞

 

9      文化祭

     体育祭

 

11    第7回 中学生高校生アンサンブルコンテスト

       サクソフォーン四重奏 金賞

       金管六重奏 銀賞

       金管八重奏 金賞 奨励賞

 

            第45回吹奏楽連盟アンサンブルコンテスト地区大会

             クラリネット五重奏 銀賞

       フルート三重奏 金賞

 

12   第45回吹奏楽連盟アンサンブルコンテスト県大会

               フルート三重奏 銅賞

      クリスマスジョイントコンサート(5校合同)

1       埼玉県吹奏楽コンクール新人戦 銀賞

 

3       卒業式

 

 昨年度は、コロナウィルス感染の影響がありましたが、一昨年度よりも演奏の機会が増え、部員一同試行錯誤しながらよりよい演奏を求めて日々精進しております。今後も感染予防に配慮しながら活動していきます。

 

吹奏楽部NEWS

新着情報

吹奏楽部第36回定期演奏会のお知らせ

吹奏楽部第36回定期演奏会のお知らせ

日時:令和4年4月24日(日)
   13:30開場、14:00開演
場所:戸田市文化会館大ホール

第1部:シンフォニックステージ
第2部:ポップスステージ(劇:青春郵便局)
第3部:ポップスステージ
となっております。入場料は無料です。ぜひお越しください。

なお、入場に際しまして、感染防止のため入場者氏名、連絡先を記入した整理券をいただいています。ご協力お願いいたします。なお、当日受付でも御記入いただけますが、スムーズな入場のため、あらかじめ記入してお持ち下さるようお願いします。

今年は、川越東高校、朝霞西高校、所沢北高校、和光国際高校と一緒に定演スタンプラリーを実施中です。こちらも、お楽しみに!

コロナ感染状況により、演奏会の中止などがある場合がございます。HPなどの情報をご覧の上、ご来場下さい。

 川口北高校吹奏楽部第36回定期演奏会_整理券.pdf

 

令和4年度入学許可候補者の吹奏楽部の見学参加について

    令和4年度入学許可候補者の皆さんは、4月からの川北での生活に胸を躍らせていることでしょう。部活動においては、すでに入部を決めていたり、迷っていたりと様々だと思います。川北では、春休み中に練習に見学や参加してみることを勧めています。吹奏楽部は下記のとおり、部活動の見学参加を実施しますのでよろしくお願いします。

 記

  1. 4月より活動に参加できます。
  2. 活動に参加する場合は、健康チェックシート、参加承諾書を記入し、必要事項を確認して持参し、顧問に提出してください。複数回参加する場合は、参加承諾書は、参加日初日のみ提出してください。健康チェックシートは毎回提出してください。見学のみの場合は、必要ありません。
  3. 見学も含め、参加する際は、登下校も含め、怪我や事故等に十分気を付けてください。
  4. 活動日は下記の通りとなります。
    ・1日(金)、4日(月)、5日(火) 9:30~11:00(楽器体験)
    ・6日(水) 13:00~16:00(講師によるレッスンの見学)
  5. 楽器は学校のものを使用できます。自分の楽器を持参しても構いません。
  6. 問合せ先は、本校または各部顧問となります。

  健康チェックシート、参加承諾書、その他の詳細は以下のPDFを参照してください。


  R4_春季休業中の部活動体験について_吹奏楽部.pdf

冬季演奏会を終えて

かなり遅くなってしまいましたが、
1月10日(祝)に行われました、第1回冬季演奏会に参加しました。
昨年までは「新人戦」という名称の大会でした。

今回、第1回大会となりますが、本校は4番目に出演。
課題曲は「ブルー・スカイ」自由曲「ドラゴンの年」を演奏。銀賞を受賞することが出来ました。
部員の感想をお届けします。

1月10日に行われた冬季演奏会に参加させて頂きました。
1.2年生の新体制でのコンクールは初めてで、不安や緊張もありましたが、部員一人一人がアンサンブルや合同演奏会等での学びを生かし、難易度の高い曲にも真剣に向き合い全力で演奏することが出来ました。
結果は銀賞と、目標としていた金賞には届かず正直とても悔しいですが、各々が自己を見つめ直す良い機会になったと思います。
現在、コロナ禍で制限も多く思うように部活ができない日々が続いています。ですがプラスに捉えると、久しぶりの部活では楽器を吹く楽しさや練習のありがたみを心から感じます。この気持ちを忘れず、夏のコンクールに向かって部員一人一人、そして部内全体として磨きをかけ、川北吹部らしく走り抜けていきたいと思います。

 

ジョイントコンサートが開催されました

 

年も押し迫る12月28日に新座市民会館にて、「第7回ジョイントコンサート」が開催されました。

 この会は、朝霞西高校、川口北高校、川越東高校、所沢北高校、和光国際高校(五十音順)の5校が集まって年末に開催している演奏会です。普段はクリスマス前後ですが、今年は少し遅めで28日となりました。

 川口北高校は、一昨年の第5回から参加させていただいています。 川口北高校は、2番目に登場して、冬季演奏会で演奏予定の「マーチ ブルー・スカイ」を演奏。2曲目からはみなさんに楽しんでいただけ利用にポップスを演奏。「Official髭男dismメドレー」、「怪物」と会場を盛り上げました。「怪物」では、カラフルなポンチョを身にまとい会場も手拍子をしてくれて楽しく演奏することができました。

 また、この演奏会の良いところは、それぞれの団体が順番に演奏するだけではなく、合同バンドで5校の生徒が混ざって演奏することです。今までは、1年生、2年生それぞれ全員での巨大バンドでしたが、前回と今回は感染予防の観点から、各学年それぞれA,Bの二チームに分かれて4バンドでの演奏となりました。

それでも、各学校で行われているパート練習の様子や、各学校の先生方の合奏など普段できない貴重な経験をつむことができました。本番でもチューニングなどもステージ上で行うので、違うチームのメンバーもバリエーション豊かな練習風景を垣間見ることができました。演奏もそれぞれの持ち味を生かしていて、お客さんも満足している様子でした。

これをきっかけにそれぞれの学校と交流を行い、切磋琢磨して定演やコンクールでいい演奏をしていきたいと思います。

アンサンブルコンテストを終えて

 去る12月20日(月)に行われた。
 第45回埼玉県アンサンブルコンテスト県大会に、本校からはフルート三重奏が参加してきました。
 結果は、銅賞受賞と惜しい物となりましたが、しっかりと演奏してきてくれました。
 今回は、参加したフルートパート3人の、一言をご紹介します。

 3人での演奏はいつもより責任が大きく緊張やプレッシャーがありましたが、とても楽しかったです。良い経験になりました。(K)

 3人という少人数での演奏は、今まであまり機会がありませんでした。今回、たくさんの壁にぶつかりましたがその分、達成感と音楽の楽しさを感じることができました。(I)

 私は、このアンサンブルで、本当に多くのことを学びました。3人という人数のため一人一人の責任が大きく、時には上手く吹けず、壁にぶつかってしまった時もありましたが、日々3人でレベルアップできたので良かったです。県大会は、地区大会とはまた違った雰囲気で、とても緊張しましたが、3人で楽しく演奏でき、とても充実した舞台となりました。結果は銅賞でしたが、大きな舞台で演奏でき、とても貴重な経験になりました。今回学んだことを、これからの活動に生かしたいです。(H)

ということで、県大会に出場した3人の感想でした。
今後、冬季演奏会、定演、コンクールとこの経験を生かして、良い演奏をしてもらいたいです。
みなさん、応援ありがとうございました。

      

 

 

協同病院建設まつりに参加しました

 去る、12月4日(土)に、学校の目の前にある。協同病院の「建設まつり」に音楽部と一緒に出演させていただきました。今回、2年生が試験前で部活動ができない期間だったので、1年生のみの参加となりました。
 今回、参加した1年生の感想をお届けします。


 今回の「協同病院建設まつり」は、初めて1年生13人だけでの演 奏でした。選曲や日程決め、練習の進行など、 今まで先輩方がやってくださっていたことを自分たちでやらなくて はいけなかったので、大変な事も多くありました。 それぞれがやるべきことをやって本番に向けて準備しました。 本番までの練習時間は短く、 練習場所もままならないという厳しい条件でしたが、 全員で協力したことで、より仲が深まったと思います。

当日は天気にも恵まれ、普段、 聴いていただく機会が少ない小さな子供やご年配の方まで幅広い年 代の方に聴いていただけて、 私たち自身も楽しんで演奏することができました。 また、音楽部の4人の1年生にも協力していただき、「カイト」、 「負けないで」「学園天国」を一緒に歌ってもらいました。 歌が入ることで盛り上がる演奏になりました。

  医療従事者の方々には、 新型コロナウイルスに関して以外にも日頃からとてもお世話になっ ています。 このような形で感謝の気持ちを伝えることができてよかったです。

 病院スタッフのみなさん、3年生の先輩方にも、 楽器運搬やセッティングなど色々と手伝ってくださいました。 人数も少なく心配していたのですが非常に助かりました。

 最後に、地域の方々に私たちの演奏を届けることができて、 とても嬉しかったです。 この経験を生かしてこれからの活動につなげていきます。 素敵な演奏の機会いただきをありがとうございました。

 

1年Euph

アンサンブルの季節です♪3

11月15日(月)に久喜市総合文化会館で行われた、埼玉県吹奏楽連盟主催、第45回埼玉県アンサンブルコンテスト
川口北高校からは2チームが参加しました。
○クラリネット五重奏 「カレイドスコープ」銀賞
○フルート三重奏 「碧い月の神話」金賞
を受賞しました。フルート三重奏は、12月20日(月)久喜総合文化会館にて開催される県大会への出場も決まりました。

この二つのチームの代表に感想を書いてもらいました。

 

まずは、クラリネット五重奏です。

私たちクラリネット五重奏は埼玉県吹奏楽連盟主催のアンサンブルコンテストに出場し、銀賞を受賞しました。

今年はクラリネットだけでの編成でとても新鮮でした。同じク楽器だからこそ分かることがあり、5人でお互いに協力して練習することが出来たと思います。私たちの課題は、練習では上手くいっていても発表の場になるとみんな緊張して上手くできなることでした。それを克服するために、部員のみんなに聞きに来てもらって緊張に慣れるようにしました。また、リーダーだけではなく5人全員が課題を出せるように仕切る人を日替わりにしました。そのおかげで全員で課題を出しあい、注意されたら素直に認めて直していくといった、良い雰囲気で練習できたと思います。結果は県大会出場を果たせずとても悔しかったですが、この5人でアンサンブルできたことは、クラリネット五重奏として、パートのレベルを高めることが出来、とても良い経験になったと思っています。

今回のアンサンブルの経験を、まずは冬季演奏会に向けてしっかり生かして頑張ります!

最後に、アンサンブルコンテストに出場するにあたり、応援してくださった保護者の方や先生方、支えてくださった方々、本当にありがとうございました!

 

続きまして、フルート三重奏です。

 私たちは、11月15日に行われた、吹奏楽連盟主催の第45回埼玉県アンサンブルコンテストで金賞を受賞することが出来ました。12月20日(月)に行われる県大会に出場します。

 私たちが今回演奏した「碧い月の神話」という曲は、リズムが難しい部分が多く、3人で合わないところを2人ずつで合わせたり、自分たちの演奏を録音し、お互いに注意点を指摘したりするなど、様々な練習を行いました。上手くいかず、壁にぶつかってしまった日もありましたが、3人で少しずつ、レベルアップし、講師の先生方からお褒めの言葉をいただき、ここまで仕上げてきたという達成感を味わうことができました。

 行事が多い中での県大会となりますが、再びホールで演奏できることに感謝し、地区大会の反省を生かして、更によい演奏が出来るように練習を重ねていきたいと思います。そして本番では3人で楽しみつつ、悔いのない演奏をし、3人の音をホール中に響かせられるように頑張ります。最後に、丁寧なご指導をして下さった講師の先生方、遅くまで残り、アドバイスをくれた部員の皆さん、本当にありがとうございました。西関東大会に出場できるよう頑張りますので、引き続き応援をよろしくお願いします。

アンサンブルの季節です♪2

アンサンブルコンテスト、地区大会まで終わったところで、結果報告と感想をお送ります。

11月7日(日)にさくらホールで行われた、吹奏楽教育協会主催、第7回中学生・高校生アンサンブルコンテスト
川口北高校からは3チームが参加しました。
結果は、
○サクソフォーン四重奏 金賞
○金管六重奏 銀賞
○金管八重奏 金賞 奨励賞
を受賞することが出来ました。

11月15日(月)に久喜市総合文化会館で行われた、埼玉県吹奏楽連盟主催、第45回埼玉県アンサンブルコンテスト
川口北高校からは2チームが参加しました。
○クラリネット五重奏 銀賞
○フルート三重奏 金賞
を受賞しました。フルート三重奏は、県大会への出場も決まりました。

今回は、吹奏楽教育協会に出場したメンバーの感想を掲載いたします。

14番出演 サクソフォーン四重奏
「アリオンの琴歌」 八木沢教司
 11月7日、吹奏楽教育協会のアンサンブルコンテストで「アリオンの琴歌」を演奏させていただき、金賞をいただきました。夏休みが明けてすぐ練習を始め、約2ヶ月で仕上げました。その2ヶ月は、とても濃くて、辛くて、想像よりも簡単に進まないことだらけでした。「昨年の先輩方はこんなにも辛い思いをしていたのか」と思うときが度々ありました。みんなの意見をまとめきれなかったり、自分たちが満足できるクオリティーになかなか仕上がらなかったり、同じところで何度もつまずいてしまったり、思い出しきれないくらい色々なことがありました。そんな練習の中でも、レッスンの時に先生に褒めていただけたときは、とても嬉しかったのを覚えています。
 私が練習で大切にしていたことは「妥協しないこと」「誰もおいていかないこと」です。「妥協しないこと」は、みんなが本番で演奏するときに“自分はこんなに練習した”と自分に自信を持って欲しかったからです。「誰もおいていかない」は、どれだけ時間がかかっても、全員が同じゴールを目指して、同じ方向に進めるようにしたかったからです。
 私は伝え方が上手くなくて、ひどいことを言ってしまったり、言い方がよくなかったりすることがたくさんありました。また、長い時間練習に付き合わせ、下校時刻ギリギリまで残ってもらうこともありました。それでも一緒に走り抜けてくれた3人には、とても感謝しています。そして、結果として金賞をいただけたこと、本当に嬉しく思います。関わって下さった先生方、保護者の方、ありがとうございました。これからも精進してさらに上を目指します。
 Sax2年

26番出演 金管六重奏
「スカルプチャー・イン・ブラス~金管6重奏のために」 片岡寛晶
 吹奏楽部に入部してから7ヶ月がたち、いくつかの舞台を経験してきましたが、1年生だけで舞台に立つのは今回が初めてでした。最初にアンサンブルの話を聞いたときには、オーディションまでの日にちが短いこともあり、出場するかどうか迷いましたが、1年生のうちから色々なことを経験しておくことは大事だと思い、参加することに決めました。練習をしていく中で、曲がとても難しく、完成度がなかなか上がらないことが大変でしたが、私が一番苦労したのは、合奏を仕切るということでした。中学校ではコロナの影響で3年生として経験し学ぶはずだった「仕切る」ということをしてこなかったですし、今までも先輩に頼りきりだったので、円滑に進めることができなかったり、的確な意見が言えなかったりと、メンバーには迷惑をかけたと思います。これが2年生へ向けての一番の課題だと思いました。本番当日は、その前日に吹奏楽部員の前で演奏したときに舞台慣れをしておらず緊張から音が出なかったので不安でしたが、伸び伸びと吹くことができ練習の成果がしっかりと出せたと思います。結果としては銀賞でしたが、諦めずに参加を決め、このメンバーで演奏することができて本当に良かったと思います。貴重な経験をありがとうございました。
 Hr1年

33番出演 金管八重奏
「テレプシコーレ舞曲集より Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」 ミヒャエル・プレトリウス/太田聡
 私たち金管八重奏は、吹奏楽教育協会主催のアンサンブルコンテストで「テレプシコーレ舞曲」を演奏し、金賞と奨励賞をいただくことができました。
 曲の練習は9月中旬から始めましたが、コロナ禍のため学校が分散登校となり、メンバー8人全員がそろうことがなく、なかなか曲の合わせ練習をすることができませんでした。また、体育祭で演奏する曲の練習もあり、限られた時間の中での練習が難しかったです。それでも定期考査で思うように練習時間が取れない時期は朝練をしたり、大会直前に行われたマラソン大会で走りきった後に全員で学校に戻り練習したりと努力を重ねました。
私は今回の経験から、多くのことを学ぶことができました。
 まず、信頼できる仲間の大切さです。金管八重奏の初めの目標は吹奏楽連盟主催のアンサンブルコンテストに出場することでしたが、部内のオーディションで落ちてしまいました。しかし、8人全員で話し合い、みんなでもう一度目標を決めて練習に励み、良い結果を出すことができました。
 そして、演奏の技術面としてハーモニー感が上達できたと思います。本番の3日前くらいから、ずっとハーモニーの確認をしてきました。ときにはピッチをとるのが難しく、30分以上、同じ所を合わせたときもありました。本番では自分たちでも納得のいくハーモニーを作り出すことができました。演奏後の余韻がとても気持ちよかったです。
 今回のアンサンブルコンテストによって、真剣にやるときは真剣にやり、楽しむときは楽しんでやるという切りかえができるようになりました。この経験を今後の練習や演奏にいかして、次につなげていけるようにしたいです。
 Tp2年

 

 

アンサンブルの季節です♪

こんにちは
久しぶりのHP更新になります。
11月、吹奏楽部はアンサンブルの季節です。

7日(日)に吹奏楽教育協会の第7回アンサンブルコンテストが
プラザウエスト、さくらホールにて開催されます。
川口北高等学校からは、
・サクソフォーン四重奏(アリオンの琴歌)
・金管六重奏(スカルプチャー・イン・ブラス)
・管打楽器八重奏(テレプシコーレ舞曲より)
の3団体が出場します。
こちらは、緊急事態宣言があけましたので、誰でも入れるようになりました。
興味ある方は、覗いてみて下さい。午前中からやっています。
本校の出番は午後になります。

15日(月)は埼玉県吹奏楽連盟主催の第45回アンサンブルコンテストが
久喜市総合文化会館にて開催されます。
川口北高等学校からは
・クラリネット五重奏(カレイドスコープ)
・フルート三重奏(碧い月の神話)
の2団体が出場します。
こちらは無観客での演奏になります。

その他、全ての部員がアンサンブルのチームに所属してそれぞれの技術向上を目指して練習を重ねています。

さて、今後の吹奏楽部の予定です。
12月4日(土)に協同病院依頼演奏が入っています。2年生がテスト前になっているので、1年生のみの演奏です。
2年生がいませんが、今から準備しています。
12月28日(火)は、ジョイントコンサート。川越東高校、朝霞西高校、所沢北高校、和光国際高校との5校で一緒に演奏行います。
新座市民会館です。まだ観客を入れることが出来るか未定です近くなりましたら詳細をお知らせします。
1月10日(祝)は第1回冬季演奏会です。これは昨年まで新人戦とよばれていた演奏会です。
本校は、マーチブルースカイ、とドラゴンの年の演奏を予定しています。
こちらも詳細がわかりましたら、お知らせいたします。

最後に、先月、全国大会が行われたコンクール。
本校は夏の地区大会、県大会で演奏を行いました。
この時の特別号外をいただきましたので、掲載いたします。

 

 

文化祭 吹奏楽部の演奏です

みなさん、お久しぶりです。
9月4日(土)5日(日)と文化祭が開催されました。
外部の入場者がなかったり、分散登校で半分の人数でのかなり制限された中での文化祭となりましたが、
吹奏楽部は、曲数も少なくなりましたが、演奏を行いました。
その中から、全員で演奏した2曲を披露させていただきます。
練習もままならず、まだまだな部分も多い演奏ですが、
3年生が引退して、初めて1,2年生のみの演奏。
お聞き下さい。