ラグビー部紹介

川口北高校ラグビー部

●活動日 
  月、火、水、金 90分

  木       60分

  土、日    120分(両日の場合は月がオフ)

  短時間集中型で活動

●活動場所

  川口北高校第1グランド

  ※ラグビーポールが常設のグランドは埼玉県内では珍しいです。

●活動内容・目標

 基本プレー、FW・BKユニット練習、戦術練習、ウェイトトレーニングをはじめとした怪我予防、競技力向上のためのトレーニングを実施。

 ほぼ全員が初心者でチャレンジし始動。基礎基本を徹底するので、誰でも挑戦できます。

 関東大会出場、県ベスト4を目指す。

●部員のスポーツ歴  

 バスケットボール部、サッカー部、野球部、剣道部、水泳部、ソフトテニス部、卓球部、吹奏楽部、将棋部…。ほぼ全員が高校からチャレンジしています。体格も問いません。

 

ラグビー部NEWS

新着情報

川口北ラグビー部通信 新人戦県大会1回戦

皆さん!こんにちは!

1月15日(日)県新人大会1回戦に挑みました。相手は西部地区1位の川越高校。川口北ラガーは1stジャージで挑みます。

人工芝のグランドで、風も無く、今まで積み重ねたものを発揮するには絶好の環境です。

フィジカル、スピード、さらに試合を上手に進める川越に3つのトライを奪われますが、要所での激しいフィジカルバトルで相手を苦しめます。

 しつこさでは負けたくない。

陣地を取って相手のミスを呼び、ゴール前5メートルスクラム。一発で2年生センター12番が取り切りました。

その後もフィジカルバトル。相手をめくり上げてのターンオーバーも数本。

後半終了間際に12番がペナルティゴールを決め10-17で前半を終えました。

絶対に勝つ、DFは引かない!

全てに勝る川越はスコアを重ねました。

 

しかし、後半相手を崩して展開、またサイドを崩し12番がトライ!

 

最終スコアは15-53 完敗ではありますが、可能性を大きく示したゲームでした。

 

また課題に取り組むよう、再始動です。あまりにも伸びしろがある。そこにチャレンジします!

 

川口北にはラグビーがある!

川口北ラグビー部通信 新人大会南部地区予選3位決定戦勝利!

皆さん! こんにちは!

 

 2023年は新人大会南部地区予選3位決定戦からスタートです。勝って3年ぶりの新人大会県大会出場を目指します。

前半キックオフからなんと1プレーでトライ!ボール受けた2年生FW、N0.8はDF3人につかまりながらもレッグドライブを続けDFを振り切り40m独走!相手FBにタックルを受けますがトレーニング通りオフロードパスが通り、1年生SHがトライ!試合前に試合の入りの重要性を強く指示し、それを体現しました。

 前回の伊奈学園戦での敗戦から修正したポイントを大いに遂行できた川口北ラグビーはその後も猛攻を仕掛け、1年生エースの90kg、LOの活躍(前回のボールキャリーは2回、今試合では28回!)

1年生とは思えない体躯、この太ももに注目です。何回もDFを飛ばし、ゲインを繰り返し自らもトライラインを越えました。

ラインアウトを含めたセットプレーも優位に進め、相手ボールを奪うシーンも多かったです。

新たなポジションでレギュラー出場した1年生HOも躍動。DFプレッシャーをかけ続ける持ち味のみならず、トライを獲りました。

攻撃のみでなく、ラグビーはミスが起こり、相手ボールになることはもちろん、陣地をとるためのキックを蹴り、相手に攻撃権を渡してしまうことがあります。しかしDFも激しく前で倒し続け、ボールを奪ったりミスを誘発したり、ターンオーバーからのトライも連発。

 後半のフィットネス勝負!後半さらに挙げていくことをハーフタイムで確認しました。

 

後半になっても川口北ラグビーの猛攻は止まりません。BKは9番のパス捌き、10番の判断、12番の縦突破とつなぎ、13番の展開、11、14番のスピードラン、15番のキックとロングラン。躍動しました。

 

得点差がつき、けが人以外の控えメンバーを全員公式戦デビューさせることが出来ました。それぞれプレータイムは長くなかったですが、大いにトレーニングの成果を発揮してくれました。ベンチで見ていたスタメンたちも目を見張り、歓声を上げました。

前回の伊奈学園戦から修正ポイントを明らかにし、成長を明らかにした試合で、その実感は大きかったです。

76-0

得点ももちろんですが失点ゼロもとても大きな収穫です。

新チーム公式戦初勝利!全員で勝利と県大会出場の喜びを分かち合いました。

保護者の皆さま、普段からのご支援ご協力感謝申し上げます。また、お寒い中応援ありがとうございました。これからも感動をお送りできるよう努力を重ねます。

 

 南部地区3位で県大会出場決定!1月15日(日)VS浦和高校 県シード校にチャレンジします。

 

川口北にはラグビーがある!

川口北ラグビー部通信 新人大会南部地区予選準決勝

皆さん!こんにちは!

 

 新チームとなり練習試合を重ね、定期考査、2年修学旅行を経て、12月25日新人大会が始まりました。相手は伊奈学園。花園予選から1,2年生チームで戦った伊奈学園に対し、3年生が抜けてフレッシュなメンバーで挑む川口北ラグビー。諸々のトラブルでベストメンバーとはならなかったもののそれは相手も同じこと。新人大会ならではの緊張感の中試合は開始されました。

 

今まで何度も組んできたハドル(円陣)を試合前に組みます。

地区予選は1stジャーではなく2ndジャージで戦います。

 

 キックオフからすぐにミスが発生、伊奈学園はそこに畳みかけ、開始2分でトライ、ゴールを決められます。

伊奈学園はシンプルにエリア(陣地)をとること、ボールを継続することを徹底し前半を制しました。一方川口北ラグビーは相手のDFプレッシャーに負ける場面や、ミスが多発。波に乗れません。

メンバー不在で心配されたセットプレーも安定。しかし攻撃の継続はままならないことが多かったです。やはり緊張と焦りがあったと思われます。

そんな中でも、相手ペナルティーから敵陣でのラインアウトでモールで一気に前進を図り、相手のペナルティーを誘います。そして一気にゴール前1m。しかし、相手のゴール前DFにより得点できず、波を戻すことが出来ません。

 

 それどころか、さらにトライとゴールを決められ、さらに前半終了間際に痛恨のペナルティーから自陣ゴール前ラインアウトから猛攻をくらい、さらにトライを奪われます。スコアは0-17。3トライを奪われてのハーフタイムは、花園予選での春日部戦と同様。その時叶わなかった逆転劇のため、ハーフタイムでしっかりと修正します。

 

 とにかく固い、緊張と焦りで実力が発揮されていない。伊奈学園のOF,DFが良いだけが原因でない。思いっきりを前面に出すことが根本にあります。選手は後半チャレンジしました。明らかな試合内容の変容でした。

後半のボール保持率は50%。前半の27%から大いに盛り返しました。継続した攻撃はもちろん、ゲインメーター(ボール保持者の前進距離)も4倍に。(川口北ラグビー 1年マネージャーによる分析)

 

 しかし、伊奈学園も落ち着いて試合を進め、キックによる陣地をとることで時間をすすめます。

 

試合終了間際に1トライを返した川口北ラグビー。

しかし、ノーサイドの笛。スコアは5-20。敗戦です。

後半だけのスコアを見れば、伊奈学園はペナルティーゴールのみ。5-3です。前半の失点が悔やまれます。

 

 年末にしっかりと修正ポイントを明らかにし、フルメンバーをそろえ3位決定戦に向けて準備していくのみです。伸びしろは大いにあります。

 

 次戦は年明け1月8日 3位決定戦 VS県立川口です。

 

川口北にはラグビーがある!

川口北ラグビー通信 練習試合

皆さん!こんにちは!

 

新チームのスタートが早い分、練習試合を組み経験を多く積みます。ラグビーは高校から始めるスポーツ。やはり経験を多く積むことが重要です。

 

普段のトレーニングの成果を確認し、また、トレーニングの質の向上に努めます。

この時期にメンバーが揃い、グランドがホームで相手校が来ていただけること、全てに感謝です。

千葉県から来ていただいたチームの中に朝4時に出発したとうかがい、背筋が伸びました。

怪我や英検で普段と違うメンバー、ポジションができることもチャンス。上手くいかず、悩み苦しむことが成長への手がかりです。

チームとしては、硬くなりすぎないこと。一年生はミスを恐れず精一杯思い切りやり切ること、二年生はそれを理解しカバーする、チームをけんいんすること。これが現在の課題です。

 

 それが見えて大きな収穫でした。テスト明けから、新人大会に向け全員で成長していきます!

 

川口北にはラグビーがある!

川口北ラグビー部通信 花園予選1回戦

皆さん!こんにちは!

9月11日(日)全国高校ラグビー選手権大会(花園)埼玉県予選1回戦、東部地区の強豪春日部高校と対戦しました。

新1stジャージを身にまとった川北ラガーは気合十分。キックオフに臨みます。

激しいコンタクトの応酬も予想されましたが出だしはキックを中心とした陣地の取り合い。予想されていた相手の安定感のあるバックスリー(11,14,15)に引けを取らず、相手陣地の時間を多くすることができました。

スクラム、ラインアウトのセットプレーも安定し、あとは敵陣での攻撃。前半15分、相手陣22mでの攻撃のチャンスがやっと巡ってきました。

ラインアウトからの連続攻撃、川北のペースで練習通り!と思った瞬間のミス。こぼれたボールを足にかけられ一気に自陣に入られペナルティまで犯します。

 

 ラインアウトからのFWの応酬。先制トライとゴールを許します。苦しい展開になる覚悟はありましたが、攻めていた中での失点。精神的なダメージは大きかったです。

 次の失点も早すぎました。キックカウンターを仕掛けた相手15番をゴール前まで走らせてしまい、ラストパスでトライ。前半終了間際でキックのエラー、ダイレクトタッチから春日部ボールラインアウト。準備していただろうプレーで失点、0-21で前半を終了しました。

「逆転するぞ!」

「菅平の時と同じだ!」

「乗り越えよう!」

あきらめるどころか戦う覚悟を更に強くし後半に挑みました。

後半10分敵陣での連続攻撃でトライを奪いました。決して格好良く、器用なトライではないですが川北らしいドライブを重ねて全員でとりました。

敵陣での相手DF強みを増しますが、川北ラガーは負けないどころか勢いを増します。後半17分、後半20分と連続トライ。ゴールもすべて決め、21-21と追いつきました。あと10分の勝負。

後半はずっと敵陣で攻め続けていましたが、自陣に入られ、ピンチを迎えますが逆にDFで盛り返し、チームの勢いを増します。勝つ!全員の意志が見えました。

しかし春日部の粘りも強く、執拗にFWで攻め立てられます。FW近辺で完封していたところBKへの攻撃で強いランナーが裏へ出てゴール前5mに。何とか止めたタックルはハイタックルの反則。PGを狙われました。5mほぼ正面。難なく決めて春日部は24-21と勝ち越し、時計は後半30分。ロスタイムに突入でのキックオフ。

 

 執念のキックオフチェイスは届かず万事休すかと思われたところ、川北がボールを奪い、相手のペナルティを誘発します。

「狙うか?」敵陣10mの判断は難しかったですが、タッチキックを判断。肉離れと足のけいれんのある中、3年のエースの10番は今までにないほどの精度のタッチキックで敵陣5m川北ラインアウト。

 

 逆転勝ちを狙いましたが春日部の執念のDF。川北のミスも生じタッチにボールを出されノーサイド。

勝ちたかった。まだまだ成長したかった。次に挑みたかった。

 その思いは春日部高校の前に打ち砕かれました。

3年生選手6名、マネージャー3名。引退となってしまいました。

 振り返ると、3年生らしさが出てた試合でした。

 

早すぎる引退となってしまいましたが、川口北ラガーであったことを胸を張って言える試合となりました。

 3年生、お疲れ様でした。ありがとう。一緒にラグビーができて良かった。

 

保護者等チーム関係者の観戦は50名の枠が埋まるほどでした。最高の応援ありがとうございました。

接触はできないので100mほど離れた位置からの挨拶。心からの声が届いたと思います。

 

 保護者の皆様、OBOGの皆様、関係者の皆様、今までのご支援ありがとうございました。感謝申し上げます。これから新チームとなります。引き続きよろしくお願いいたします。

 

 3年生の保護者の皆様。ありがとうございました。労ってあげて下さい。

 

川口北にはラグビーがある!

 

川口北ラグビー通信 新1stジャージ

皆さん!こんにちは!

 

全国選手権大会(花園予選)が迫り、その戦いでまとう、新ジャージを保護者会のご協力で作成しました。

白は純真無垢。真面目さ、実直さを表す。

赤は情熱。溢れるエナジーを表す。

黒は剛健さを表す。

 

 伝統のデザインは変えません。学校公認、背中にKAWAKITAロゴをスクールカラーでライトブルーで入れ、左腕に川口北ラグビーのエンブレムを入れました。

 

 本来、熊谷ラグビー場Aグランドでの開会式でのお披露目となる予定でしたが、開会式が中止となり、事前撮影のリモート開会式となったので、お披露目は9月11日、初戦の春日部戦となります。

 

 リモート開会式は9月3日pm7時テレ玉で放送です。

新たな川口北ラグビーの歴史を新ジャージと築いていきます。改めて保護者の皆様に感謝申し上げます。

 

 川口北にはラグビーがある!

川口北ラグビー通信 保護者会による壮行会

皆さん!こんにちは!

 

 夏の恒例行事であった、保護者会からの全国選手権大会埼玉県予選(花園予選)に向けての壮行会を開いていただきました。

 

 本来なら、室内で会食を交えた壮行会ですが、屋外で簡易的なものとしてもらいました。しかし、保護者様の熱いお気持ちをいただき、選手はこれからの戦いへ一層励むことを決意しました。

1人ひとり、必勝せんべいをいただきました。保護者の方、ご家庭の支えがあっての川口北ラグビーです。感謝申し上げます。

マネージャーもいただきました。全員で戦います!

 顧問、スタッフもいただきました。全員メッセージ入りです。ありがとうございます。

 

大きな期待を背負うことも良い経験で、大きな力となります。これから大きく飛躍します!

 

川口北にはラグビーがある!

川口北ラグビー通信 夏シーズンの終わり

皆さん!こんにちは!

 

 菅平強化合宿を終え夏休みの後半は練習試合を2回行うことができました。全国選手権大会埼玉県予選(花園予選)の組み合わせも決定し、川口北ラグビーは完成形を目指すべく仕上げの段階となります。

菅平で試合を重ねた時より、上手くいかないシーンが多くなりますが、大会初戦までの精度を上げる良いチャンスをもらったと、これから励んでいきます。初戦は9月11日 vs春日部高校。

 

国体予選東部地区大会では1位突破している強豪。7人制大会では21-19で勝利してますが、チャレンジする姿勢で戦います。

 この夏シーズンは7月に予定していた練習試合がことごとく中止となり、心配されましたが、菅平強化合宿、夏後半で試合を重ね大きく成長できました。対戦相手はもちろん、仲間と川北グランドに感謝を表します。本日対戦した高校は、普段、ラグビーコート4分の1の広さも取れず活動しているので他の高校を訪れ、広いグランドで駆け回ることに感謝と喜びでいっぱいになると伺いました。

 

 日本中の高校ラガーが人数不足のため合同チームで活動してます。

 

  知足心を大切に!感謝です。

 

川口北にはラグビーがある!

 

川北ラグビー通信 菅平強化合宿

皆さんこんにちは!3年ぶりに夏の菅平強化合宿を実施しました。保護者の方々のご理解とご協力のもと、長野県上田市菅平高原へ挑みます。

人工芝グランドで到着間も無く試合です。

川口北A5-7神戸高校

川口北B7-5川口高校

反省点が多く出た試合でした。

朝は6時から、KAWAKITAサポート事業でお世話になっている小平さんのコンディショニングを含めたトレーニング。気温が20度を下回り肌寒い中での朝トレです。

食事もトレーニング

午前は川口北A26-0兵庫工高

   川口北B5-7 兵庫工高

午後は川口北A14-14千葉東

   川口北A7-7  山梨学院

3日目の朝からは器具を使用したサーキットトレーニングからヘッドスタート。しっかり追い込みます。

3日目午前は川口高校と合同練習。

午後は川口北A66-0川口高校

   川口北B27-0 川口高校

山の天気は急変します。台風が近づいたこともありますが降雨がありました。一層寒くなりますが備えは万全。川口北高校のロゴ入り、学校のテントを拝借しました。

4日目午前は川口北A14-19伊丹高校

      川口北B  0-34伊丹高校

悔し涙を流した選手もいました。疲れも出てきて合宿の雰囲気満点です。

午後は川口北A31-26桐朋高校

後半ラスト10分まで12点差ついてましたがそこからトライを3本量産し逆転サヨナラ勝ち!

午前の悔し涙が嬉し涙に変わりました!最終戦で大きなものを獲得できました。

菅平高原名物のダボスの丘。最終日はここでトレーニングを行い合宿のフィナーレを迎えます。

冬はスキー場ですのでかなりの斜度。ここで行うランパスは過酷なものですが、合宿を乗り越えた仲間と励まし合いながらスピードを増していきます。足に痛みがある選手は多くいましたが、最後の一本はマネージャー含めて全員でボールを繋ぎトライをとって締めくくりました。

 保護者の方々、学校関係者、お宿とグランドを提供いただいたベルニナ様、ニューダボス様、素晴らしい試合を展開していただいた対戦校の皆様、川口高校の皆様、そしてなによりも合宿を成功させることができた川北ラガーの仲間に感謝を持って締めくくりました。皆様ありがとうございました。3年ぶりの合宿はやってよかったと心から思えるものとなりました。

 

川口北にはラグビーがある!

 

 

川口北ラグビー通信 夏シーズン

皆さん!こんにちは!

 

7人制ラグビーが終了して、期末考査を終え、夏シーズンが始まっています。多くのトレーニングマッチを予定してます。

 

 ところが、諸事情でうまく実施できないことも続き、やっとの練習試合と思ったら、当日のキャンセル。東武地区は豪雨でグランドが水没してしまったそうです。

急遽、川北グランドで部内マッチに変更。これで2回目となります。

何よりグランドあることと、部内マッチができるほどの人数がいること。これを満たすチームはそうありません。恵まれた環境に感謝です。

しかし、アップの途中で大雨。ご覧のコンディションでもラグビーは止まりません。

キックオフです。

ところが開始6分後、雷鳴により30分の中断。ウェイトトレを挟みました。

試合再開に向かう選手たち。

 

 部内マッチは練習では経験できないライブ感が大きな経験となります。特に一年生は目に見えて積極的にプレーでき始めています。

 

 前回は同点、今回は1トライ差と拮抗しました。

 

グランドに感謝し、復旧します!

 

 明日で夏シーズン第一クールの終了。第二クールのスタートは

     中学校の部活動体験会です。7月31日(日)、8月1日(月)の二日間です。

当日参加も可能ですので、未経験者はもちろん、経験者もいらしてください!

 

川口北にはラグビーがある!