ラグビー部紹介

川口北高校ラグビー部

●活動日 
  月、火、水、金 90分

  木       60分

  土、日    120分(両日の場合は月がオフ)

  短時間集中型で活動

●活動場所

  川口北高校第1グランド

  ※ラグビーポールが常設のグランドは埼玉県内では珍しいです。

●活動内容・目標

 基本プレー、FW・BKユニット練習、戦術練習、ウェイトトレーニングをはじめとした怪我予防、競技力向上のためのトレーニングを実施。

 ほぼ全員が初心者でチャレンジし始動。基礎基本を徹底するので、誰でも挑戦できます。

 関東大会出場、県ベスト4を目指す。

●部員のスポーツ歴  

 バスケットボール部、サッカー部、野球部、剣道部、水泳部、ソフトテニス部、卓球部、吹奏楽部、将棋部…。ほぼ全員が高校からチャレンジしています。体格も問いません。

 

ラグビー部NEWS

新着情報

新人大会南部地区予選1回戦勝利!

こんにちは。11月28日(日)新人大会南部地区予選1回戦に挑みました。3年生が引退し2ヶ月ほど経ち、チームを作り上げてきました。川口北ラガーもこの日が待ち遠しかったことでしょう。相手は合同(川口高、浦和工業)。

  伸びしろが大きい若いチームです。公式戦が何より大きな成長になります。緊張の面持ちでキックオフを迎えました。

 

開始間もない前半2分に1年生CTB 13番がラインアウトからのボールを受け、一気にDF間を突破。ゴールラインを割り、トライ!ゲームキャプテン2年10番のコンバージョンキックが決まり7−0。緊張もほぐれた感じです。

 

開始5分にラインアウトから2年生FW中心選手3番がインゴールに飛び込むがグランディングできずノートライ。取り切ることが課題です。

その後まもなくゴール前でBK展開し、12番1年生のトライ!コンバージョンキックも決め、14−0。序盤早々に得点を重ねたので、自分たちの準備してきた攻撃が繰り広げられるかと予想されたが、簡単には行きません。相手のしぶといDFとフィジカルを全面に押し出したOFで、ペースを掴めません。FWの前進によるトライと、奔放なBKのカウンター攻撃で2トライ奪われ14−14、同点で後半を迎えます。

ハーフタイムでは、修正ポイントを明らかにし、勝利を心に決めます。

 ペースを掴みますがスコアレスが長く、2年生10番が相手をDFをかわし中央にトライ。その後のキックオフから10番のロングキックに13番が80m近く追い、今試合2本目のトライ。

PKからラインアウト、FWの執拗な攻撃でトライを奪われますが、ノーサイドまで戦い抜き、26−21で勝利しました。

 

次戦、準決勝に挑むことができることは大きいです。後期中間考査を挟んで、またチャレンジしていきます。

 

川口北にはラグビーがある

 

全国高校ラグビー埼玉県予選2回戦

9月23日(木)全国高校ラグビー埼玉県予選2回戦で東部の強豪、三郷工業技術高校と対戦しました。

 

1回戦を勝利して挑んだこの2回戦は、初戦の相手と違って思いっきりよくプレーできます。

相手のBKは90kgある選手が並び、川口北ラグビーのBKは60kg。FWでも平均10kgほどの劣勢です。

そのフィジカルとスピードで得点を重ねられてしまいます。

少ない攻撃機会も、相手の早いプレッシャーに押され、ミスを多発、それでも粘り強く凌ぐ場面もあり後半に望みます。

後半はとにかく相手の猛攻を止める。ボールを奪う。攻撃ではボールを動かす、トライを取りきる。全員が前半を超えること!!

後半は、相手のペナルティーを誘うDFプレッシャーと攻撃リズムも出始め、後半10分すぎまでほとんど敵陣で戦う展開。すこあがほしいところ。

しかし、得点させてくれなかった三郷工技は強かったです。

前半 川口北0−38三工技

後半 川口北0−14三工技

後半は2トライで抑え、戦い続けたのは、今まで築き上げた誇りの表れ。前半からこの展開なら…。

最後まで戦い続けてくれました。1回戦、2回戦ともに3年生は全員出場。

これで3年生は引退となり、1,2年生の新チームとなります。

 

3年生、今までの川口北ラグビーOBが築き上げた「川口北ラグビー」を新チームで進化させていきましょう。

 

川口北にはラグビーがある!!

 

 

全国高校ラグビー埼玉県予選1回戦

9月12日(日)全国高校ラグビー埼玉県予選1回戦で、川口北ラグビーは西武文理高校と対戦しました。

 

チームの集大成を披露する舞台であり、3年制の引退をかける試合です。

試合開始から相手の猛攻を受けますが、川口北ラグビーもじょじょにペースつかみ、終始リードで試合が進みます。

今までにないいいプレーもありましたが、やはりミスが多かったです。

1点差でもいいから勝つ。必勝がゴールでしたので、よく勝ちきってくれました。

 

川口北33−19西武文理

勝利し、2回戦進出です。

2回戦は東部の強豪、三郷工業技術高校です。課題克服に向け、トレーニングに励み挑戦します!

 

川口北にはラグビーがある!

 

 

ラグビー部通信⑩ 7人制大会

5月の国体予選地区大会以来の公式戦は、オリンピック種目にもなっている7人制ラグビー。全国大会につながる今大会ではメンバーを限定し、特別なトレーニングを施し、準備のもと挑みました。

一回戦の相手はシード校の浦和高校。白赤のファーストジャージで挑みます。

前半ミスからの失点で0対21で折り返し、苦しい展開。

後半早々に2年生スタンドオフが巧みなステップで相手を置き去りにしてトライ。

また、相手のミスからキックボールを競り合ってトライ!自らゴールも決め12点を1人で取りました。

残念ながら7分ハーフの時間は過ぎノーサイド。12対21の惜敗です。

 

上位進出は無くなりましたが敗者戦に回り、相手は関東大会予選で戦うはずであった朝霞高校。

3年生バックスのトライ。力強く走りきりました。副キャプテン3年生フォワードのトライは、残り1メートルのゴール前からフィジカルで取り切りました。

苦しい展開でトライ。ガッツポーズも出てます!

 

そして、2年生俊足バックスのトライで突き放した後、メンバーも入れ替え、チーム一丸でにげきりました。

19対14

春シーズンの宿題をクリアしました。

 

これでテスト休みとなり、明けから夏シーズンとなります。一年生含めてワンチーム川北ラグビーを作り上げます。

 

川口北にはラグビーがある!

ラグビー部通信9

国体予選南部地区3位決定戦で県立川口に挑みました。長年ライバル校としてお互い切磋琢磨するチーム。川口北ラグビーの取り組みや成長を図るいい機会でしたが…

結果は、

川口北0ー52川口

大敗でした。何もできない、というより攻撃では自滅し、ディフェンスでは相手に自由にやらせすぎました。

思い起こせば、前チームでスタメンで出てたメンバーは、1人だけという若いメンバーでした。しかしそれは言い訳にはなりません。

この結果を真正面から受け止め、中間テスト後のシーズンで再スタートします。

 

川口北にはラグビーがある!

ラグビー部通信8

国体予選南部地区大会準決勝、浦和高校と対戦しました。2年前の全国大会(花園)に出場し、毎年のようにベスト

4に君臨する強豪。

川口北ラグビーで戦うことを誓いました。

赤が川口北高校。セカンドジャージで戦います。

画像提供 保護者会

ディフェンスの時間が長く、劣勢の中、今までの積み重ねが成果となるシーンもありました。

結果は、川口北0ー65浦和

大敗です。悔しい、次に繋げよう、はもう深谷戦で十分味わいました。もう次のステージにいかなければなりません。

 

3位決定戦に回ります。県立川口との戦いで勝利すると県大会出場です。

 

川口北にはラグビーがある。

ラグビー部通信7

関東大会県予選に敗退し、息つく暇なく国体予選南部地区大会が始まりました。

 

前大会やその後のトレーニングでけが人が出て、出場できないメンバーや、不慣れなポジションを担当するものなど、本来なら不安を抱えるところですが、

「川口北ラグビーで戦う!」をコンセプトに挑みました。

相手は身体も川口北よりはるかに大きく能力高い選手も要する合同チームです。

まさに、川口北ラガーは自分の役割に責任を果たし、だからこそ仲間を信頼しプレーする、普段のトレーニングと、今までの成長を信じて戦いました。

地区大会はセカンドジャージの赤で戦います。

開始1分で自陣ゴール前1メートルまで迫られますが、このピンチを体を張った堅いディフェンスで凌ぎ、一気に勢いに乗ります。

 

前半を終え、4トライ4ゴール28点

川口北28ー0合同

で折り返します。

後半にメンバー交代をフルに使う合同に対し、メンバーを変えずに後半に挑む川口北。間違いなく後半に攻撃力が増すことはわかってました。ディフェンスが肝です。

ハーフタイムに確認を行います。気持ちが大事!

後半開始まもなく、一発でトライを奪われ、やはり後半増した攻撃力に反撃をくらうのか?

という雰囲気を払拭。前半より増した意識でディフェンスを強固にし、川口北がトライ、ゴールを決めました。

終了間際にトライを奪われましたが後半

川口北7ー10

川口北35ー10合同

勝利を収めました。

次戦、強豪浦和高校に挑みます。

川口北にはラグビーがある!

(画像保護者会提供)

 

ラグビー部通信6

4月24日土曜日、関東大会県予選2回戦、深谷高校と対戦しました。結果詳細は埼玉県ラグビー協会HPでご確認ください。

 

シード校の深谷高校に挑みましたが、負けました。本来は一回戦で弾みをつけて、シード校に挑みたかったところですが、かなわず、11月以来の公式戦となりました。

高校トップレベルのラグビーに触れ、悔しさも重なり、大きく飛躍するステップとなってくれることでしょう!

 

保護者会提供画像です。

川口北にはラグビーがある!

 

 

 

ラグビー部通信5

関東大会予選2回戦で大敗を喫し、下を向くことなく目の前の目標に向けて再始動しています。

試合での熱量は普段のグランドから。

 

声の質、量も上がり、意識を上げてトレーニングしています。

 

練習内容の変更の考え方もありますが、まずは現在のトレーニングメニューを100%で実施すること。それに限る。

特に3年生が、変わった。変わらなければいけない中、前に進み始めました。

 

国体予選南部地区予選が始まります!

 

川口北にはラグビーがある!

ラグビー部通信4

夕日に響くボイスランニング。

 

これだけの人数で、この広いグランドでラグビーができる日々に感謝です。

 

週末の関東大会県予選2回戦に向けてのトレーニングも加熱してます。

 

それに加えて本日は、体験入部生が来てくれました。本入部が過ぎても、途中入部を広く受け入れているのがラグビー部の特徴です。

とてもよく頑張ってくれていました!

 

川口北にはラグビーがある!