男子バドミントン部紹介

●活動日・活動場所

    ・月,水,金,土,日曜日:学校体育館(火曜はOFF,木曜は外練習)
         
※木曜日は3週間に1回、学校体育館で練習します。

●活動時間:平日:前後半ローテーション(前半:16:0017:30,後半:17:3019:00

                 休日:3時間程度(原則9:00~12:00、12:00~15:00、15:00~18:00のいずれか)

 

●練習内容:基礎打ち,パターン練習,ノック,ゲーム練習,

フットワーク,ランニング,筋トレ など

他校と練習試合を実施したり,市民大会等にも出場しています。

 

個人戦・団体戦ともに県大会上位進出を目指して日々の練習やトレーニングに励んでいます。

練習時間は短めですが,学業と両立しながら内容を工夫して効率よく練習を行っています。

男子バドミントン部NEWS

新着情報

中学生部活動体験見学会

7月30日(土)に実施した部活動体験見学会に6名の中学生が参加してくれました。

暑い体育館の中で、女子バドミントン部の部員とともにパターン練習とゲーム練習を行いました。

参加してくれた皆さんと将来一緒に活動できることを楽しみにしています。

 

川口北高校男子バドミントン部では、中学生の見学を都合が合う範囲で随時受け付けております。

予定は変更となる場合がありますので、見学希望者は本校男子バドミントン部顧問宛にご連絡のうえお越し ください。

川北男バド8月予定表.pdf

令和4年度会長杯争奪高校バドミントンシングルス大会結果報告

7月16日(土)、17日(日)にアスカル幸手、ウイングハット春日部、上尾運動公園体育館、桶川サンアリーナで会長杯シングルス大会が開催され、994名がエントリーして8ブロックに分かれたトーナメントに本校から36名が出場しました。

 

最高成績は下記の通りです。(【  】内は出身中学と学年)

 Cブロックベスト16 柴田昊輝【川口・戸塚②】

 Fブロックベスト16 向後遥希【川口・八幡木②】

代替わりしてから初めての大会となり、1・2年生が現在の自分の立ち位置を知る機会となりました。

特に1年生にとってはデビュー戦となり、4月から競技を始めた初心者の中には嬉しい初勝利を挙げた選手もいました。

全体的には前回のインハイ予選と比べると、競り合う内容の試合が多くなりましたが、ゲームの後半に果敢に点を取りに行くプレーができなかったことが敗因となりました。

 今回の経験を夏休みの練習に活かしてプレーの幅を広げ、新人戦地区大会でよりよい結果が出せるように成長してくれることを期待しています。

令和4年度全国総体埼玉県南部支部予選会結果報告

5月10日(火)、11日(水)、13日(金)にサイデン化学アリーナでインハイ予選地区大会が開催され、205組がエントリーしたダブルスに5組、253名がエントリーしたシングルスに6名が出場しました。

 

ダブルスの最高成績は2組が3回戦(ベスト64)まで進出しました。

また、シングルスの最高成績は下記の通りです。(【  】内は出身中学と学年)

 ベスト32 向後遥希【川口・八幡木②】

シングルスは敗者復活戦に回りましたが、上位17組・17名に認められる県大会出場は果たせませんでした。

 

3年生は今大会終了をもって引退し、前期中間考査後から代替わりとなります。

試合に出場した3年生2名は敗れはしたものの、全力を尽くして戦い抜くことができました。

引退後も最後までやりきったことを自信にして受験勉強に臨み、部活動で学んだことを今後の人生の糧にして頑張ってほしいと思います。

一方、2年生はプレーの精度を欠いたもったいない内容の試合が多く、相手と競い合う前に敗退する悔やまれる結果となりました。

ただ、2年生はこれからです。

今回の経験を今後の練習に活かしてより一層成長し、新人戦地区大会での見違える活躍に繋げてくれることを期待しています。

令和4年度関東高等学校バドミントン大会埼玉県予選会結果報告

4月25日(月)に彩の国くまがやドームで関東予選県大会が開催され、2複1単形式の学校対抗戦に出場しました。

結果は下記のとおりです。

  2回戦 対 武蔵越生(西部地区1位) 0-2

  第一ダブルス 小峰③【長野大町・美麻】・佐竹③【さいたま・岸】 11-21 15-21

  シングルス  向後②【川口・八幡木】 18-21 11-21

 県3位で関東大会出場を決めた武蔵越生高校に結果は完敗でしたが、内容としては今持てる力を精一杯出し切り、よい試合ができました。

3年生は引退まであと少しですが、最後まで伸びるように、1・2年生は1年後に今回の結果を上回れるように、これからまた練習していきます。

令和4年度関東大会埼玉県南部支部予選会結果報告

4月11日(月)と13日(水)にサイデン化学アリーナで関東予選地区大会が開催され、2複1単形式の学校対抗戦に出場しました。

結果は下記のとおりです。 

 2回戦   対 浦和南  2-0

 3回戦   対 川口青陵 2-1

 準々決勝  対 大宮   0-2

 順位決定戦 対 市立浦和 0-2

 7位決定戦 対 与野   2-1

→ 地区7位となり、上位8校までに認められる県大会出場を決めました。

1月の南部支部大会の敗戦から成長を感じさせる試合となりましたが、県大会でさらなる飛躍を遂げられるように練習に取り組んでいきます。

新入生の練習参加・見学について

男子バドミントン部では、4月2日(土)以降、新入生の皆さんの練習参加・見学を歓迎します。                   

春休み中の活動日時は、下記のとおりです。

 4/2(土)12:00~15:00 練習参加も可

 4/3(日)12:00~15:00 校内戦実施のため、見学のみ

 4/4(月)15:00~18:00 校内戦実施のため、見学のみ

 4/5(火)12:00~15:00 練習参加も可

 4/6(水)9:00~12:00 練習参加も可

 4/7(木)9:00~12:00 練習参加も可

本校体育館で活動しておりますので、興味のある方はぜひお越しください。

お待ちしています。

令和3年度埼玉県南部支部高等学校バドミントン新人大会

1月15日(土)に川口東高校で南部支部大会が開催され、36校がエントリーした2複1単形式の学校対抗戦に出場しました。

 

結果は下記のとおりです。 

 2回戦 対 蕨 2-0

 3回戦 対 川口青陵 0-2

→ベスト16で敗退し、残念ながら4月に開催される関東予選地区大会のシード権を獲得できませんでした。

 

ベストオーダーが組めず、不本意な結果となり、大会前のコンディショニングに課題を残しました。

その中で初めて団体戦に出場した選手が経験を積めたことは収穫とも言えますが、誰が出ても勝てるようにチーム全体の底上げが必要なことも明らかになりました。

現在コロナ禍で練習日は限られていますが、4月の団体戦で県大会出場を果たせるように、部員一丸となって精一杯頑張っていきます。

令和3年度県民総合スポーツ大会兼高等学校バドミントン新人大会結果報告

11月16日(火)・17日(水)に彩の国くまがやドームで新人戦県大会が開催され、ダブルスに1組、シングルスに1名が出場しました。 

 

成績は下記の通りです。(【  】内は出身中学と学年)

 ダブルス:2回戦敗退 都築郁昭【さいたま・日進②】・向後遥希【川口・八幡木①】

 1回戦 2-0 所沢北

 2回戦 0-2 鴻巣

 シングルス:1回戦敗退 都築郁昭【さいたま・日進②】

 1回戦 0-2 不動岡

 

47・48期生のチームが発足して半年となり、その成果を確認する場と位置づけて大会に臨みましたが、プレーの精度を欠いて相手と競い合うような内容の試合ができず、悔やまれる結果となりました。

とはいえ、新人戦はまだ折り返し地点です。

次の公式戦は1月の南部支部大会の団体戦となります。

本番で持てる力を出し切って戦い抜けるように、今大会の反省をチーム全体で共有し、より質を高めて練習に取り組んでいきます。

令和3年度新人大会埼玉県南部地区予選会結果報告(団体戦)

9月7日(火)・13日(月)にサイデン化学アリーナで新人戦地区大会が開催され、39校がエントリーした2複3単形式の学校対抗戦に出場しました。

 

結果は下記のとおりです。 

*初日:予選リーグBブロック

  1試合目 対 南稜 3-0

  2試合目 対 開智一貫部 3-0

  3試合目 対 大宮光陵 1-3

 →Bブロック第2位となり、予選リーグ2位校8校によるBトーナメントに回りました。

*最終日:決勝Bトーナメント

  1回戦 対 川口青陵 3ー1

  準決勝 対 大宮 2-3

  3位決定戦 対 栄北 1-3

 →Bトーナメント第4位、総合第12位となり、来年1月に開催される南部支部大会のシード権を獲得しました。

 

代替わりしてから初めての公式戦を個人戦・団体戦と戦い抜き、この4カ月の成果と目標までの距離感を確認できた大会となりました。

現時点では目指す順位に及びませんでしたが、可能性を秘めたチームです。

今後の練習で大会で得た課題の改善に取り組み、大きく飛躍することを目指します。

令和3年度新人大会埼玉県南部地区予選会結果報告(個人戦)

8月25日(水)~27日(金)に上尾運動公園体育館で新人戦地区大会が開催され、196組がエントリーしたダブルスに5組、247人がエントリーしたシングルスに6名が出場しました。

 

最高成績は下記の通りです。(【  】内は出身中学と学年)

 ダブルス:ベスト16(9-12位) 都築郁昭【さいたま・日進②】・向後遥希【川口・八幡木①】

 シングルス:ベスト16(13-16位) 都築郁昭【さいたま・日進②】

上記の1組1名が11月16(火)~18日(木)に彩の国くまがやドームで行われる県大会出場を決めました。

 

夏休みの練習を経て、嬉しい成果もありましたが、勝負所で競り負けた展開の試合が多く、まだまだ課題が残る大会でした。

次は9月7日(火)・13日(月)の団体戦に向けて、残りわずかな準備期間ですが、少しでも改善すべきところは修正し、よりよい結果が出せるように練習に励んでいきます。