日誌

進路指導部NEWS

3年難関大セミナー

 毎年、2年次の後半から開催している難関大セミナー。

3年生第1回は5月24日(金)に実施しました。難関大学を目指す生徒が

集まり、受験直前まで学習方法や悩みを共有して解決のヒントを得たり、

実際の入試問題を解き、解法や考え方を学び合い、切磋琢磨する会です。

 今回は88名が参加して、志望する大学が同じ生徒同士のグループを作り、

連絡先の交換を行ったり、ライバルでもあり仲間でもあることを確認しました。

1・2年類型科目選択説明会

 4月18日(木)6限に、来年度の2、3年次における選択科目についての

説明会を開きました。文理融合を目指した教育実践の観点から、本校では文系

と理系に分かれるのは3年次からです。現在の51期1学年からは3年次に

文系、理系に加えて「文理融合系」が加わります。自分の興味関心と大学受験

科目を見据えた科目選択していきます。

1年進路オリエンテーション(4月12日)

 「キャリアプランとは?」、「自分らしい生き方とは?」これらの答えは高校生活を充実させることで見つかります。本校では「進路指導室」を「キャリアプランニングルーム」と呼んでいます。

 日々の授業、部活動、学校行事を全力で取り組むことで自分を理解することができます。それによって、自分の興味関心は何なのか、将来自分はどのような方向に進むべきかが見えてくるはずです。

 1年生のゴールは「学習習慣の確立」と「興味関心の拡大」です。学習の黄金サイクルを回すのはもちろんのこと、何事にも自分からチャレンジしていくことを奨励しています。

2年進路オリエンテーション(4月11日)

 2年生のゴールの1つは「学習方法の確立」です。そのためには、様々な方法を試し、失敗を繰り返すことです。それによって、自分なりのスタイルが確立されます。もう1つは「志望校の決定」です。高い目標を掲げることで、行動する意欲や方向性が定まります。目標に向かって努力し、継続する力は日々の学校生活を通して鍛えることができます。

 

1年自学自習オリエンテーション(4月10日・11日)

 自学自習オリエンテーションは各学年で行われる進路行事の1つです。1年生では国数英を中心に学習の仕方を学びます。実際に各教科の予習、授業、復習を体験するものとなっています。

 重要なことは、「予習、授業、復習」という学習のサイクルを絶え間なく回すこと。これを学習の「黄金サイクル」と呼んでいます。学習することはもちろん、部活動や学校行事に燃え、探究活動、ビブリオバトル、英語スピーチなどの活動に集中して取り組むことで人間的に成長すると考えています。小さなチャレンジと失敗は同級生や先輩から大いに称賛されます。それが川北です。

3年看護医療系大学志望者ガイダンス(4月10日)

 看護医療系大学を志望する約20名の3年生が参加しました。概況説明の後、今後開講される「埼玉県立大学セミナー」についての説明を行いました。このセミナーは本校教員が、前期は週1回、過去問題を使い小論文の書き方や英語の問題についての解答解説を行うものです。後期は小論文、英語、面接に関する対策を試験前日まで個別に行います。

3年進路オリエンテーション(4月10日)

 3年生のゴールは「志望先の選択肢決定」です。そして、自分にとってより良い進路実現を果たすことです。今年卒業した48期生の例を参考にしつつ、自分なりのイメージを持って受験校を決定していくことが重要です。第一志望校合格には学習量はもちろん、モチベーションの維持や継続する力も必要です。今まで培ってきた力を思う存分発揮して、勉強に、部活に、学校行事に最後まで全力を尽くしてください。そして夢を現実のものにしましょう。

2年卒業生を囲む会

 この3月に卒業したばかりの3年生から29名の先輩に来校してもらい、

大学受験についての懇談会を行いました。19の学問分野に分かれ、その

分野に決めた理由や特に力を入れるべき科目の勉強方法などについて話を

聞きました。各会場では、先輩から2年生への質問、2年生から先輩への

質問があったり、意見交換も行われていました。