学校運営方針

1 教育目標

  「みずからの個性の開発・自我の確立に努めるとともに、他人の自由をも尊重して互いに協力し合い、日本と世界のために有益な働きを為し得る人材を育成することを目標とする。」

 

 目指す学校像

  知性と教養を身に付けるとともに、高い志と品格を備え、互いに高め合い敬い協力し合う、日本及び国際社会の進展に貢献する生徒を育成する。

 

 目指す学校像を実現するための重点目標

 (1) 品格を重んじ、「爽やかな挨拶の励行」、「品位ある服装」、「心を込めた清掃」など、日々「凡事徹底」を図る。

 (2) 知性と高い志を育むために教養主義(リベラルアーツ)教育を推進す
    る。

 (3) 自ら勉学に真摯に取り組む姿勢により学力の向上を図る。

 (4) 満足度の高い生徒全員の進路希望の実現を図る。

 (5) 文武両道の校風を堅持し、学業及び体力、精神力の充実を図る。

 (6) グローバル社会に対応し、国際社会に目を向けた教育を推進する。

 (7) 自他を認め、人を思いやる生徒を育成するため情操教育の充実を図
    る。

 (8) 家庭、地域、小中学校との連携を図り、開かれた学校づくりを推進す
    る。

 

4 重点目標の実現のための取組

 (1) 品格ある生徒の育成を図る。

    ① 川北生としての品格を身に付けさせるため、学年や分掌等が連携し、挨拶、服装、清掃など、全教職員が協力して指導する。

    ② 生徒が、健康で明るい学校生活が送れるよう、カウンセラーを配置するなど、積極的な支援を行う。

 (2) 教養教育(リベラルアーツ)の推進

    ① 生徒に知性と教養を身に付けさせるため、バランスのとれた教育課程を展開する。

    ② 授業内容の工夫・改善を図る。

    ③ 読書教育の充実のため、SL-Time、授業、学校行事、部活動など全ての教育活動を通して図書を活用する。

    ④ 知識や関心の幅を広め、教養を深めさせるため、「リベラルゼミ」を開講する。

 (3) 学力の向上

    ① 教員の授業力の向上を図るため、「校内授業公開」、「研究授業」を実施する。

    ② 生徒の思考力、判断力、表現力等を育成するため、アクティブラーニングの手法を取り入れるなど、指導方法の工夫・改善を図る。

    ③ 自ら考え、計画し、勉強に取り組めるよう、自学自習を徹底する。

 (4) 進路希望の実現

     進路オリエンテーション、対話週間、三者面談を通して、生徒の進路意識の高揚を図る。また、分掌、学年、教科、部活顧問が一体となった組織的な進路指導の展開を行う。

    ① 高い志を持ち、それを実現するため、キャリアブックを活用し、キャリア教育を徹底して行う。

    ② 定期考査、摸試、大学入試センター試験等のデータを共有し、授業や補講に生かす。

    ③ 客観的なデータに基づいた大学受験校検討会を年4回実施し活用する。

    ④ 国公立大学セミナー、県立大セミナー、埼玉大学研究会を実施する。また、難関大学を志願する生徒向けの指導を検討する。

 (5) 高いレベルでの文武両道

      学年、分掌及び部活動顧問が連携し、高いレベルの文武両道を確立する。

    ① バランスのとれた指導を行い、学業と部活動を両立させる。

    ② 自律的に勉強と部活動の両立が図れるような指導体制を確立し、生徒各々が計画的に時間を管理する。

 (6) グローバル教育の推進

    ① 国際理解教育を推進するため、インターネットを活用するなど、フランクストン校などとの交流を一層充実させる。

    ② 世界に目を向けた生徒を育成するため、講演会や「リベラルゼミ」などに取り組む。

    ③ 自ら考え、積極的に発信していくことができる生徒を育成するため、HR、授業、部活動などを通して、生徒のコミュニケーション能力を高める。

 (7) 人を思いやる情操教育の推進

    ① 他の人を尊重し、集団の一員として協力して物事に当たる生徒を育成するため、ホームルーム活動、北高祭、体育祭、修学旅行などの学校行事、部活動を充実させる。

    ② 人に優しく情操豊かな生徒を育成するため、ボランティア活動に積極的に取り組む。

 (8) 開かれた学校づくりを推進

    ① 保護者や地域、小中学校に本校の教育活動や魅力を伝えるため、学校説明会や授業公開を充実させる。

    ② 学校の教育活動を積極的に発信し、KAWAKITAキャンパス通信の発行やホームページを充実させる。

    ③ チーム川北として保護者と連携を密にし、PTA活動の一層の活性化を図る。

    ④ 地域の小中学校や病院、施設等との連携を強化する。